>> TOP   >> お問い合せ  >> 個人情報保護  .

 ジェネリック医薬品について


   ジェネリック医薬品とは?
   
     ジェネリック医薬品とは、先に開発された新薬(先発医薬品)の特許期間がおわってから製造・販売される薬のことで、後発医薬品とも呼ばれています。

 新薬の開発には、莫大な研究費と時間がかかりますが、ジェネリック医薬品ではこのコストが低く抑えられるため、価格が安いというメリットがあり、お薬代の窓口負担軽減や香建国保の医療費負担軽減に貢献することが期待されます。

 薬の種類や患者さんの体調によっては、ジェネリック医薬品を利用できない場合もありますので、お医者さん・薬剤師に相談し、上手に利用しましょう。
     
   
     

 

   「ジェネリック医薬品に切り替えた場合のお薬代の自己負担の軽減額に関するお知らせ」をお送りしています
   
     ジェネリック医薬品とは、先に開発された新薬(先発医薬品)の特許期間がおわってから製造・販売される薬のことで、後発医薬品とも呼ばれています。

 新薬の開発には、莫大な研究費と時間がかかりますが、ジェネリック医薬品ではこのコストが低く抑えられるため、価格が安いというメリットがあり、お薬代の窓口負担軽減や香建国保の医療費負担軽減に貢献することが期待されます。
 薬の種類や患者さんの体調によっては、ジェネリック医薬品を利用できない場合もありますので、お医者さん・薬剤師に相談し、上手に利用しましょう。
     
  お知らせの内容   (通知書 【裏面】)
    処方されているお薬の名前  
    ジェネリック医薬品に切り替えた場合のお薬代の自己負担額の軽減額  
       
  送付対象者  
    ジェネリック医薬品に切り替えた場合のお薬代の軽減が、一定以上見込まれる被保険者の方  
    (すべての被保険者にお送りするものではありません。)  
       
  送付方法  
    封書により、被保険者のご自宅へ郵送します。  
    (注)この通知は、被保険者の皆様への情報提供として行うものですが、もし、この通知を希望されない場合は、香建国保までご連絡をお願いします。
ご連絡をいただく際は、氏名、生年月日、被保険者証の番号をお伺いするので、被保険者証をご用意ください。
 
         

 

 お医者さん、薬剤師に相談してみましょう
         
    お医者さんに相談してみましょう  


    (処方せんの左下の部分)   

       
     薬局で薬をもらうための処方箋において、ジェネリック医薬品への変更を不可とするお医者さんの署名がなければ、ジェネリック医薬品に変更することができます。
 まずは、かかりつけのお医者さんに相談してみましょう。
 
       
       
    薬局で相談してみましょう  
       
     ジェネリック医薬品に切り替えるときは、その価格、効果及び副作用など新薬と異なる点を確認しましょう。
 また、ジェネリック医薬品を短期間試すことができる「分割調剤」もできるので、薬局で相談してみましょう。
 
       

   
ジェネリック医薬品になっていない薬もあります
使用している薬や症状によっては、まだ新薬しか発売されていない場合があります。
まずは、お医者さんや薬剤師に相談しましょう。
   
 
   
    「ジェネリック医薬品希望シール」をご利用ください
         
     香建国保では、「ジェネリック医薬品希望シール」を配布しています。
  保険証やお薬手帳等にシールを貼って、医療機関又は薬局の窓口で見せることにより、ジェネリック医薬品を希望することを伝えましょう。
 
 
 
         

 

   ジェネリック医薬品に切り替えたら・・・
   
   ジェネリック医薬品に切り替えたら、新薬と比較して、
     効果があらわれるまでの時間
     効果の持続時間
     副作用の有無
  などをチェックし、気になることがあったらお医者さんや薬剤師に相談しましょう。
   

 

   ジェネリック医薬品のさらに詳細な情報は、ジェネリック医薬品学会のサイトをご覧ください
   
 

> ジェネリック医薬品学会「かんじゃさんの薬箱」 


 

> トップページ