>> TOP   >> お問い合せ  >> 個人情報保護  .

 保 健 師 だ よ り

 毎月発行される香川県建設労働組合の機関誌「香川建設ユニオン」において、保健師による健康に関する記事を連載しています。
 こちらでは、過去に掲載された記事をご紹介しています。 

 令和3年6月号 に掲載
 

【保健師だより】 

■ 健康寿命をのばすポイント ■

 日常生活を送るのに介護を必要としない期間を健康寿命といいます。先月は一つめのポイント〝喫煙〟についてご紹介しました。今回は〝飲酒〟についてご紹介します。
 
健康を左右する10項目
2 飲酒
節度のある飲酒
   節度のある飲酒とは、体に負担がかからない飲酒量をいいます。男性はアルコール量で約23グラム(日本酒1合程度)、女性は男性に比べ肝臓が小さいので男性の半量が適量とされています。たまに飲む場合でも、一時に大量に飲むと体に大きな負担がかかります。適量内の飲酒をお勧めします。
休肝日をつくる
   アルコールは人体に有害な物質が含まれています。有害物質は肝臓で分解されますが、分解することで肝臓はダメージを受けます。休肝日をつくると肝臓を休ませ、ダメージを回復させることが期待できます。
  また、お酒を我慢する習慣が身につくので、アルコール依存症の予防にも効果的です。週2日程度、休肝日をつくることが推奨されています。
寝酒は避ける
   アルコールは催眠作用があるので、寝つきは良くなります。しかし、日本酒1合程度のアルコールを分解するのに2~3時間かかるので、寝酒をすると睡眠中にアルコールの分解が行われ、睡眠の質が低下します。また、アルコールが分解されると脳が覚醒するので、睡眠後半の眠りが浅くなります。さらに、アルコールの催眠作用には耐性があるため飲酒量が増えやすくなり、お酒がないと眠れなくなったり、アルコール依存症になる恐れもあります。良質な睡眠のためには、就寝の3時間前までに飲み終えましょう。
飲まない(飲めない)人にお酒を強要しない
   アルコールの分解に関わる酵素の働きは、遺伝で決まっています。日本人の約半数は酵素の働きが弱いと言われています。少量の飲酒で赤くなる人には、お酒を強要しないようにしましょう。



保健師への問い合わせ先 : TEL:087-866-4721
~健康に関するご質問、ご相談について、 お気軽にご連絡ください~

 

 
 
 令和3年5月号 に掲載
 

【保健師だより】 

■ 健康寿命をのばすポイント ■

 日本は世界でトップレベルの長寿国ですが、日常生活を送るのに介護などが必要な不健康な期間が問題とされています。平成28年厚生労働省の推計によると介護の必要な期間は、男性は約9年、女性は約12年で、近年は横ばいで推移しています。介護が必要となった要因として、認知症や高齢による衰弱、骨折・転倒が5割、生活習慣病が3割を占めています。年代別では60歳までは心疾患や脳血管疾患などの循環器病の割合が最も高く、70歳以上では認知症や骨折の割合が大きくなっています。
 

 介護を必要としない健康寿命をのばすために、国立がん研究センターなど高度専門医療研究センター6機関が共同で研究を開始しました。これまでに確認された研究結果に基づき、令和3年2月に健康寿命をのばすための予防行動や国民一人一人の目標などを公表しました。今月から数か月間そのポイントをご紹介します。

健康を左右する10項目
1 喫煙
たばこは吸わない
他人のたばこの煙を避ける
  (加熱式タバコも含む)

  喫煙は、がん、心疾患、脳血管疾患、高血圧、糖尿病、うつ病、認知症などのリスクが増加します。また受動喫煙でも喫煙者同様、前述のリスクが増加します。妊婦は受動喫煙により、早産や出産後の子供の発達の遅れなどが報告されており、「他人の煙を避ける」よう受動喫煙防止の必要性を強調しています。
  また、最近使用が広がっている加熱式タバコは、吸引すると気管支炎や肺炎が起きやすくなるなど健康被害が報告されており、紙巻きたばこ同様規制の対象にすべきであると提言しています。
  数年前から、建設国保の加入者で禁煙される方が多くなっています。禁煙外来など、最近は禁煙を支援する環境も整いつつあります。喫煙されている方は、1日でも早く、たばこの煙のない生活に踏み出しましょう。





保健師への問い合わせ先 : TEL:087-866-4721
~健康に関するご質問、ご相談について、 お気軽にご連絡ください~

 

 
 
 令和3年4月号 に掲載
 

【保健師だより】 

■ 早食い防止で肥満対策 ■

 忙しさのあまり、十分噛まずに早食いになっている人が多数います。早食いは身体にさまざまな悪影響を与えます。
 
早食いは肥満になりやすい
   食事をとると血糖値が上昇して満腹中枢が刺激されますが、この刺激が伝わるのに約15分かかるといわれています。早食いは満腹を感じる前に食べ過ぎてしまい、肥満になりやすいといわれています。
   
糖尿病のリスクが高まる
   早食いは、食後の血糖値を急上昇させます。この急上昇した血糖値を下げるために、膵臓は短時間にインスリンを分泌しなければならず、膵臓が疲弊しやすくなります。また、血糖値の変動が大きくなるため、インスリンの効きが悪くなり、糖尿病を発症しやすくなるといわれています。
 
ゆっくり食べると肥満と糖尿病リスクが低下
   広島大学が千人以上を5年間調査した結果、早食いの人がメタボを発症した割合は約11%、ゆっくり食べる人は約2%であったと報告しています。食べ過ぎを改善するためには、15分以上かけて食事をすることが大切です。
   
しっかり噛む
よく噛むと食欲を抑える物質が作られ、
食べ過ぎを防げる
唾液の量が増え、口内の雑菌の増殖が抑えられる
   
食事に野菜類を加える
   朝食はパンだけ、昼食はうどんとおにぎりという人も多いようです。このような食事だと噛む回数を増やすのは困難です。野菜や海藻類、たんぱく質など噛みごたえのある副菜を加えると噛む回数も増え、栄養バランスも良くなります。
   
食べ方の工夫
ひと口の量を減らす
噛みごたえのある副菜から食べる
食材を大きめに切る
テレビやパソコンなどを眺めながら食べない
   
  しっかり噛んで食べることで満腹感が得やすくなり、肥満や糖尿病などの予防につながります。今日の食事から始めましょう。






保健師への問い合わせ先 : TEL:087-866-4721
~健康に関するご質問、ご相談について、 お気軽にご連絡ください~

 

 
 

 

 

トップページへ

「保健師だより」 の過去記事はこちらへ