>> TOP   >> お問い合せ  >> 個人情報保護  .

 保 健 師 だ よ り

 毎月発行される香川県建設労働組合の機関誌「香川建設ユニオン」において、保健師による健康に関する記事を連載しています。
 こちらでは、過去に掲載された記事をご紹介しています。 

 

令和2年9月号 に掲載

 

【保健師だより】 

■ 新型コロナウイルスとインフルエンザに備えよう  ■

 今冬は、新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行が予想されています。今後、発熱患者が増えることが考えられ、厚労省はかかりつけ医など身近な医療機関で迅速に検査が受けられるように新たな医療体制を10月中を目途に整備すると発表しました。
  また、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、インフルエンザワクチン希望者が急増する恐れがあり、厚労省は、昨年よりワクチンを7%増やした6300万人分を供給する見込みであると発表しました。
 
【ワクチンの効果】
   「インフルエンザワクチンを打ったのにかかった。」との声を聞きますが、接種すればかからないというものではありません。
  厚労省は、感染を完全に抑える働きはないが、発病を抑える一定の効果はあるとしており、接種することで肺炎や脳症等の合併症など、死亡につながるような重症化を予防することができます。
   
【効果的な接種時期】
   インフルエンザは毎年12月から流行し、ピークは1月末~3月上旬です。ワクチン接種後、抗体がつくまでに2週間かかり、持続効果は約5か月です。12月初旬までには接種をしましょう。また、従来どおり、手洗い、外出時や屋内でのマスク着用、健康チェックを行い、熱や風邪症状があれば、外出を控え、保健所やかかりつけ医に電話で相談してください。
 
*建設国保が配布するリーフレット「今年はとくにインフルエンザ対策を」もご覧ください。







保健師への問い合わせ先 : TEL:087-866-4721
~健康に関するご質問、ご相談について、 お気軽にご連絡ください~

 

 
 

令和2年9月号 に掲載

 

【保健師だより】 

■ がんについてどれくらい知っていますか?  ■

 1981年以降、日本人の死因第1位はがんです。死亡数、罹患数ともに増加し、2人に1人が、がんになります。
 
【発生のメカニズム】

 人間の体は、約60兆個の細胞からできており、数百億~数千億の細胞が毎日新しいものと入れ替わっています。新しい細胞は、細胞分裂をして作られます。
 がん細胞は、細胞分裂の際のコピーミスで生まれます。最近の研究では、健康な人の身体にも毎日がん細胞ができることが分かっています。その度にリンパ球が、がん細胞を攻撃し排除していますが、攻撃をくぐり抜け大きくなったのが【がん】です。

【細胞分裂のイメージ】

【最大原因はたばこ】
   細胞分裂のコピーミスが起きる最大原因は、たばこです。たばこがなくなれば、男性のがんの3分の1がなくなると言われています。男性の場合、たばこを吸う人は吸わない人に比べ、喉頭がん33倍、肺がん4.5倍、食道がん2.3倍罹患リスクが高くなると言われています。また、受動喫煙でもがんのリスクは高まります。配偶者がたばこを吸う場合、肺がんのリスクが2倍高まると言われています。
   
【早期に見つける】
   がんは早期に発見できれば、治癒率は高くなります。早期とは、2cm程度のがんを指します。1cm以下は、発見するのが難しいため、がんが1~2cmのうちに見つけることが大切です。
 10ミクロンのがん細胞が1cmのがんになるまで、約15年かかりますが、1cmから2cmになるのは約1年半という短期間です。がんを早期のうちに発見できるタイミングは、1~2年しかないのです。
 厚生労働省は、有効性が確立しているがん検診を指針に示し、市町はこれに基づき、がん健診を行っています。胃がん、肺がん、大腸がんは年1回の受診、子宮頸がん、乳がんは2年に1回の受診が推奨されています。子宮頸がんは20歳以上、それ以外は40歳以上が対象です。市町で支払う一部負担金を、申請により組合が助成するので、実質無料で受診できます。市町から、がん健診の案内が届いたら受けるようにしましょう。




保健師への問い合わせ先 : TEL:087-866-4721
~健康に関するご質問、ご相談について、 お気軽にご連絡ください~

 

 
 

令和2年8月号 に掲載

 

【保健師だより】 

■ 夏バテ予防を始めよう  ■

 暑い日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしですか。だるい、眠れない、食欲がでないと感じている人はいませんか?その症状、夏バテかもしれません。
 
●夏バテってなに?
 夏バテとは、夏の暑さに身体が上手く対応できず、不快症状がでることです。倦怠感、疲労感、食欲不振、無気力、不眠、ふらつき、頭痛、イライラ等が出ます。
 
●夏バテの原因
暑い屋外から、エアコンで冷えた室内に入ることによる急激な温度変化で自律神経が乱れるため

暑さによる食欲低下で栄養不足になるため
汗と一緒にナトリウム、カリウム、カルシウムなどが排出され、ミネラルバランスが崩れるため
 
   
●夏バテ対策
冷えすぎを防ぐ
   屋外と屋内の気温差が大きいと、自律神経に負担がかかります。冷房は27℃以上、風向きも調整し、身体を冷やしすぎないようにしましょう。
ビタミンB1を摂る
   ビタミンB1は、疲労回復効果があります。豚肉を使った料理がおすすめです。
水分、ミネラルを摂る
   汗をかいたら、水や麦茶と一緒に、塩飴や梅干しを摂りましょう。麦茶はカフェインが含まれていないので水分補給に最適です。冷たい飲み物は、多く摂ると胃腸が冷えて消化不良を起こしやすいので注意しましょう。また、スポーツドリンクは砂糖が多く含まれており、飲み過ぎないようにしましょう。


「マスク熱中症」に注意!

コロナ感染防止のため、マスクを着用する機会が多くなっていますが、マスク着用時は皮膚から熱が逃げにくく、体に熱がこもりやすくなります。外出自粛の影響で、体が暑さに慣れていないこともあり、今年の夏は熱中症リスクが高く、要注意です。熱中症を防ぐために、屋外で人と2m以上離れているときはマスクを外しましょう。



保健師への問い合わせ先 : TEL:087-866-4721
~健康に関するご質問、ご相談について、 お気軽にご連絡ください~

 

 
 

令和2年7月号 に掲載

 

【保健師だより】 

■ 睡眠不足にご注意を ■

 平成30年国民健康栄養調査によると、ここ1か月間、睡眠で休養が十分にとれていない人の割合は21.7%であり、平成21年からの推移でみると年々増加しています。1日の平均睡眠時間は、6時間以上7時間未満の割合が最も高く、次に6時間未満の割合が高いという結果でした。
 睡眠不足が続くと、免疫力低下、肥満、高血圧、糖尿病、心臓病、うつ、アルツハイマー型認知症などの発症リスクが高まる事が研究で明らかになっています。
 
【快眠ポイント】
①朝、日光を浴びる
  眠りを誘うホルモン〝メラトニン〟によって、夜眠くなります。メラトニンは日光を浴びた14時間後頃に分泌が始まるため、朝起きたら、カーテンを開け日光を浴びましょう。そうすることで、自然と夜眠くなります。
 
②カフェイン
 夕食以降のカフェイン摂取はやめましょう。コーヒー、紅茶、エナジードリンク、栄養ドリンク等に多く含まれており、覚醒作用があるため、寝つきが悪くなります。利尿効果により、夜トイレに目覚める原因にもなります。
 
③寝酒
 眠るためにお酒を飲むのはやめましょう。眠りを促す効果はありますが、睡眠が浅くなるため、熟眠感が得られません。また、耐性ができるため、飲酒量が徐々に増え飲み過ぎたり、アルコールなしでは眠れなくなります。
 
④スマホを見ない

リラックスすることで睡眠を催します

 スマホ、タブレット、パソコンから出るブルーライトは、メラトニン分泌を最も抑制します。紙で新聞を読んだ場合とタブレットで新聞を読んだ場合を比べると、タブレットで新聞を読んだ場合は約30分も寝つきが遅くなることが分かっています。寝る前に使いたい場合は、画面の明るさをダウンさせたり、ブルーライトカットフィルターやメガネを使いましょう。
 
⑤お風呂はぬるめ
 ベッドに入る1~2時間前に、ぬるめの38~40度のお湯に15分程度浸かりましょう。ぬるめの湯は、副交感神経が優位になるため、身体の緊張がほぐれ、寝つきが良くなります。熱い湯は、交感神経が刺激され逆効果になります。
 
 いかがでしたか。慢性的な睡眠不足は、休日の寝だめでは解消できないため、普段の睡眠時間を少しでも増やすことが大切です。この機会に、自分の睡眠を見直しましょう。




保健師への問い合わせ先 : TEL:087-866-4721
~健康に関するご質問、ご相談について、 お気軽にご連絡ください~

 

 
 

令和2年6月号 に掲載

 

【保健師だより】 

■ 歯と口の健康を考えよう ■

 6月4日~10日は、歯と口の健康週間です。歯と口の健康増進を目的とし、毎年実施されています。
 8020運動をご存じですか。80歳で20本以上の歯を保とうという運動です。20本以上の歯があると、食生活にほぼ満足することができると言われています。平成28年香川県民健康・栄養調査では、80歳で20本以上の歯を有する者の割合は、52%と国の目標である50%を達成しています。しかし、50歳代の進行した歯周病を有する者の割合は増加しており、成人期からの歯周病対策が課題となっています。
 
【歯の定期健診】
 歯の定期健診を受けていますか。口の状態により異なりますが、3~6か月に1度、定期健診を受けることが望ましいとされています。定期健診では、むし歯や歯周病のチェック、歯石や着色除去、歯磨き指導、フッ素塗布などを行います。費用は、自己負担3割で受けられます。
 平成25年香川県歯と健康と医療費に関する実態調査では、歯の数が少ないほど、また歯周病が重度なほど全身にかかる医療費が高いという結果が出ています。
 
【歯みがきのポイント】
1.
食べたら磨く

   食後、口腔内に残った食べかすは、むし歯や歯周病の原因となります。歯と歯の間、歯の溝、歯と歯ぐきの境目は、歯石がつきやすいため丁寧に磨きましょう。
糸ようじ、歯間ブラシも効果的です。爪楊枝では、歯石を除去できません。
   
2.
フッ素配合歯磨き粉

   フッ素は、むし歯原因菌の働きを弱め、歯の表面を溶けにくくし、歯の成分修復をする再石灰化を促進するため、むし歯になりにくくする効果があります。
   
 歯と口の健康を見直し、むし歯や歯周病予防に努めましょう。




保健師への問い合わせ先 : TEL:087-866-4721
~健康に関するご質問、ご相談について、 お気軽にご連絡ください~

 

 
 

令和2年5月号 に掲載

 

【保健師だより】 

■ 喫煙と新型コロナ ■

 新型コロナウイルスに感染した際、喫煙が重症化リスクを高めることが報告されています。
 
《海外の最新報告》
   中国の感染患者1099人を対象とした調査で、喫煙者は生涯非喫煙者に比べ、重症化や集中治療室入床、人工呼吸器管理、死亡するリスクが大きいことがわかりました。喫煙者の重症化リスクは、生涯非喫煙者の約2倍、人工呼吸器管理または死亡するリスクは約3倍でした。
  カリフォルニア大学のたばこ管理研究・教育センターの責任者は、「患者の肺が感染症にさらされる際、喫煙や電子たばこ吸引による有害作用は、非喫煙者の場合に比べ、はるかに深刻なものになる」と指摘しており、電子たばこも例外ではありません。

 

喫煙者は、
新型コロナウイルス
重症化リスク2倍!

人工呼吸器
or
死亡リスク3倍!

 
《重症化しやすい理由》
免疫力低下
   ニコチンの血管収縮により、血流が悪くなり、身体の隅々に栄養が届かず、免疫力が低下します。また、肺の炎症を抑えたり、傷ついた細胞を修復するサイトカイン産生をニコチンが阻害します。
   
ウイルスが侵入しやすい
   気管支の粘膜には繊毛があり、吸い込んだ異物やほこり、細菌、ウイルスは、繊毛運動によって体外へ排出されています。喫煙をすると、繊毛が傷つき、異物等を体外へ排出する機能が低下します。
   
《喫煙室は3密》
   4月1日から改正健康増進法が全面施行され、原則屋内禁煙となりました。喫煙室を設置すれば屋内でも可能ですが、密閉、密集、密接の「3密」が揃う場所であり、感染リスクが高い場所です。既に、屋内喫煙室で新型コロナに感染したと推測される事例も報告されており、見かけても使用しないようにしましょう。
   
《禁煙効果》
   禁煙をすると、3日程度で気管が広がり、呼吸がしやすくなります。1か月程度で免疫が正常化し、感染症にかかりにくくなります。禁煙10~15年後には、様々な病気にかかるリスクが非喫煙者と変わらないレベルまで近づきます。
   
 WHO、日本禁煙学会共に禁煙を推奨しています。新型コロナ予防で禁煙を始めませんか。



保健師への問い合わせ先 : TEL:087-866-4721
~健康に関するご質問、ご相談について、 お気軽にご連絡ください~

 

 
 

令和2年4月号 に掲載

 

【保健師だより】 

■ ジェネリック医薬品についてのお知らせ ■

 日本の医療費は、増加しており、平成30年度は、42.6兆円でした。そのうち薬代(調剤医療費)は7.5兆円で全体の約18%を占めています。高齢化に伴い、今後も医療費増加が懸念されます。医療費は、税金と保険料から支払われており、医療費の増加は建設国保の財政にも関わります。
 今回は、医療費削減に繋がるジェネリック医薬品についてお知らせします。
 
《ジェネリック医薬品とは?》
 最初に作られた薬(先発医薬品)の特許終了後に、同じ有効成分を使って製造、販売されている医薬品です。開発にかける費用が抑えられるため、先発医薬品より低価格です。違いは、色や形状、添加剤などです。
 
《ジェネリック医薬品の普及率》
 国の目標は80%ですが、平成31年3月の普及率は74.6%となっています。建設国保の普及率は75・2%で、80%まであと少しです。
 
《ジェネリック医薬品Q&A》
Q.
 効果、安全性に違いはないの?

A.
 薬事法に基づいた検査を行い、新薬と効果、安全性が同等であることが確認された薬だけがジェネリック医薬品として製造販売されています。
   
Q.
 どの薬も変更できるの?
A.
 薬局によっては対応する薬の在庫がないことがあります。また、特許期間中のため、ジェネリック医薬品がまだ製造されていない場合もあります。
   
Q.
 飲んでいる薬を変更するのに不安がある。
A.
 初めてジェネリック医薬品に変更する場合のみ、分割調剤が利用できます。7~10日分のみ、お試しで使用でき、様子を見て元の薬に戻すか、ジェネリック医薬品にするか選択できます。
 
Q.
 変更を先生に伝えにくい
A.
 保険証や診察券、お薬手帳に貼れるシールがおすすめです。保険証と一緒に【ジェネリック医薬品希望シール】をお配りしています。保険証の余白に貼ると、意思表示ができます。是非ご活用ください。



保健師への問い合わせ先 : TEL:087-866-4721
~健康に関するご質問、ご相談について、 お気軽にご連絡ください~

 

 
 

 

トップページへ

「保健師だより」 の過去記事はこちらへ