>> TOP   >> お問い合せ  >> 個人情報保護  .

 70歳以上75歳未満の方の給付について



 


 70歳の誕生日の翌月(1日が誕生日の方はその月)から、病院等の窓口で支払う一部負担金の負担割合)及び医療費が高額になったときの自己負担限度額)が、所得に応じて変わります。

所得による区分と区分別の一部負担金の負担割合及び自己負担限度額についてはこちらをご覧ください。

70歳以上の方の一部負担金負担割合等

 また、75歳になると香建国保の資格を喪失し、「後期高齢者医療制度」に加入することとなります。(後期高齢者医療制度については、「75歳以上の方の医療制度について」をご覧ください。 )

 
(注)

65歳以上75歳未満の方を前期高齢者といいます。 このうち70歳以上の方は、一部負担金の負担割合が所得に応じて2割(ただし、S19.4.1以前生まれの方は、1割)又は3割となります。

 

 高齢受給者証を必ず提示してください

 
  70歳以上75歳未満の方は、一部負担金の負担割合を記載した『高齢受給者証』を交付します。お医者さんにかかるときは、保険証と『高齢受給者証』が必要となります。『高齢受給者証』を忘れたときは一律3割負担となるので忘れずに提示しましょう。
 
   
 限度額適用・標準負担額減額認定証を必ず提示してください
 
  70歳以上75歳未満の方で、その方の属する世帯全員の住民税が非課税の場合は、自己負担限度額及び入院時食事代の標準負担額が減額されます。対象となる方には高齢受給者証と併せて『限度額適用・標準負担額減額認定証』を交付しています。
 対象となる方がお医者さんにかかるときは、 病院等の窓口で保険証と『高齢受給者証』と『限度額適用・標準負担額減額認定証』を提示しましょう。 

 

 得・課税証明書の提出のお願い

 70歳になるときは、一部負担金の負担割合及び自己負担限度額に係る所得判定を行うため家族全員の住民税所得課税証明書を提出していただく必要があります。また、所得による判定は1年に1回行うもので、毎年6月に世帯全員の住民税所得課税証明書を提出していただく必要があります。
 提出していただいた住民税所得課税証明書により一部負担金の負担割合及び自己負担限度額の区分を判定し、「高齢受給者証」(住民税非課税世帯の場合は、これに加えて「限度額適用・標準負担額減額認定証」)を交付します。
 対象となる方には、香建国保からご連絡いたしますので、御協力よろしくお願いします。

 

 S19.4.1以前生まれの方の一部負担金負担割合について

 70歳以上75歳未満の方の一部負担金の負担割合については、国の制度改正により、平成26年4月1日以降、1割から2割に引き上げられることとなりましたが、それまでに70歳以上になられていた方(S19.4.1以前生まれの方)については、特例措置により、これまでどおり1割となります。

(注)3割のご負担をいただいている現役並み所得者の方を除きます。

 

トップページへ