本文へ移動

保健師だより

毎月発行される香川県建設労働組合の機関誌「香川建設ユニオン」において、保健師による健康に関する記事を連載しています。
こちらでは、過去に掲載された記事をご紹介しています。

令和5年1月号に掲載

2023-01-10
【保健師だより】測るだけダイエットにチャレンジ
 年末年始は、行事も多く、気がつけば体重が増えていたという話をよく聞きます。今月号は、測るだけダイエットをご紹介します。
 測るだけダイエットは、文字通り、体重測定を行い、グラフに記録します。毎日続けると、なにが原因で太ったのか気づきやすくなります。その結果、生活習慣の見直し、ダイエットへと繋がります。
 まずは、洗面所や寝室など、測りやすい場所に体重計を置きましょう。アナログ体重計よりデジタル体重計がおすすめです。
【同じ時間に測定】
 朝晩2回、体重を測ります。朝は起床後トイレのあと、晩は夕食後が理想ですが、難しければ、測りやすいタイミングで測定してください。なるべく同じ時間帯に測定しましょう。朝と比べて、夜は体重が増えていますが、その差が1kg以内が許容範囲です。1kg以上増えている場合、食べ過ぎか日中の活動不足が考えられます。何をどれぐらい食べたのか、活動量は普段と比べてどうだったのか振り返りましょう。
【体重日記をつける】
 体重を記録するときに、食事のメニューやおやつの量、外食や宴会の有無、運動量なども一緒に記録しましょう。
【気づいたことを実行する】
 毎日記録すると、どんな時に体重が増えやすいか、なにをしたら減るのかなどが見つけやすくなります。
 ビール2本を1本に減らしたり、夕食後の間食をやめるなど気づいたことを実行し記録しましょう。実行したことと体重の変化が一目でわかり、励みになります。
 いかがでしたか。最近は、体重をグラフで記録するアプリもあります。この機会に、測るだけダイエットに挑戦してみませんか。
保健師への問い合わせ先:TEL:087-866-4721
~健康に関するご質問、ご相談について、お気軽にご連絡ください~

令和4年12月号に掲載

2022-12-10
【保健師だより】食中毒を予防しよう
 食品に細菌やウイルス、寄生虫などが混入し、それを食べることで起こる健康障害が食中毒です。
 先月号に引き続き、令和3年度、患者数が多かった食中毒を予防方法と一緒にご紹介します。(出典:厚労省)
第3位【カンピロバクター】
 鶏や牛の腸管内にいる細菌で、処理するときに肉の表面に付着します。
 主に鶏肉から感染します。食べてから、1~7日後に下痢、腹痛、発熱などの症状が出ます。まれに、回復後にギラン・バレー症候群を発症し、手足の麻痺、呼吸困難を起こすこともあります。
〈予防方法〉
●十分な加熱(鶏肉の中心の色が白く変わるまで)
●鶏肉の刺身、ユッケ、あぶり、たたき等は避ける
●鶏肉は最後に調理
●肉と生で食べる食材(サラダ等)は、まな板、包丁等を分ける
●生肉に触れたら、よく手を洗う
第4位【アニサキス】
アニサキス幼虫が寄生している魚介類を生で食べることで起きます。生きたまま体内に入ると、胃や腸を傷つけ、8時間以内に、激しい腹痛を生じます。
《多い魚》
 シメサバ、サケ、タラ、サンマ、イワシ
〈予防方法〉
●中心部までしっかり加熱(60度以上1分以上)か凍結(マイナス20度24時間以上)する
酢、醤油、塩漬け、わさび等では死滅しません
●魚を生食用に調理する際、内臓に近い筋肉部分(ハラス等)は目視で確認する
(アニサキスは内臓に寄生しており、時間が経過すると筋肉内へ移動するため)
●内臓は生食せず、速やかに取り除く
保健師への問い合わせ先:TEL:087-866-4721
~健康に関するご質問、ご相談について、お気軽にご連絡ください~

令和4年11月号に掲載

2022-11-10
【保健師だより】食中毒を予防しよう
 食品に細菌やウイルス、寄生虫などが混入し、それを食べることで起こる健康障害が食中毒です。
 令和3年度、患者数が多かった食中毒を予防方法と一緒にご紹介します。(出典:厚労省)
第1位【ノロウイルス】
 水や、ノロウイルスに汚染された食品(特に二枚貝やカキ)から感染します。 感染後24~48時間で発症し、主な症状は吐き気、嘔吐、腹痛、発熱(軽度)です。
 感染力が強く、感染者の便や嘔吐物に接触したり、ノロウイルスの付着したドアノブや照明スイッチに触れたりすることで二次感染を引き起こします。

〈予防方法〉
●カキや二枚貝は中心部まで加熱(85度で90秒以上)
●生鮮食品(野菜・果物等)はしっかり洗う
●トイレ後、調理前、食事前は手洗いを行う
●手洗い後のタオルも清潔なものを使用する


《二次感染予防》
●感染者の嘔吐物、ふん便等で汚れた衣類はビニール手袋、マスクをして片付ける
●嘔吐物等で汚れた衣類は、塩素系漂白剤でつけ置きしてから、洗濯する
●嘔吐物で汚れた床は、塩素系漂白剤で拭く
第2位【ウエルシュ菌】
 ウエルシュ菌は、土、水中、野菜、肉、魚や人間の腸にもいる身近な菌です。 
 大量に調理したカレー、シチュー、煮物(空気が嫌いで粘性の高いものを好むため)や長期間保存した食品の中で、ウエルシュ菌が増殖し毒素を出し、それを食べることで食中毒が起こります。食べた後、約12時間程度で腹痛(軽度)、下痢症状が出ます。ウエルシュ菌は熱に強く、加熱しても死滅しません。

〈予防方法〉
●前日調理は避け、加熱調理したものは早く食べる
●保管するときは、小分けしてから急速に冷却し、2時間以内に冷蔵庫へ入れる(冷凍しても死滅しません)
保健師への問い合わせ先:TEL:087-866-4721
~健康に関するご質問、ご相談について、お気軽にご連絡ください~

令和4年10月号に掲載

2022-10-10
【保健師だより】大腸がんを予防しよう
大腸がんとは?
 長さ約2mの大腸(盲腸・結腸・直腸・肛門)に発生するがんです。
 早期の場合、自覚症状が乏しく、一定の大きさになると血便、下血、残便感、便が細くなる、お腹のはり、腹痛、貧血などの症状が出ます。大腸がんは早期だと治癒率が高いため、早期発見が重要です。
大腸がん危険因子
●40歳以上の男女
●肥満
●喫煙
●多量飲酒
●大腸がんの家族歴がある方
大腸がん検診
 【便潜血検査2日法】
 検便をして、便の中に混じった血液を調べます。がんやポリープがあると、大腸から出血することがあるためです。1日法だと約56%、2日法だと約80%の検出率です。40歳以上の方は、毎年受けましょう。

~結果が陽性の方~
 検診結果が陽性の場合、必ず消化器科を受診しましょう。 陽性の場合、がんがある確率は約3%、ポリープがある確率は約25%です。1日だけ陽性だから大丈夫、痔や生理だからと放置するのは危険です。
 建設国保では、陽性者に受診勧奨通知をお送りしています。届いた方は、早めに受診しましょう。


※市町が実施する大腸がん検診も助成しています。検診結果と領収書を持参し、所属支部で申請してください。
保健師への問い合わせ先:TEL:087-866-4721
~健康に関するご質問、ご相談について、お気軽にご連絡ください~

令和4年9月号に掲載

2022-09-01
【保健師だより】保健師だより~歯と口の健康~
保健師への問い合わせ先:TEL:087-866-4721
~健康に関するご質問、ご相談について、お気軽にご連絡ください~
TOPへ戻る